ざざむし。

家庭用真空パック製造機

・買ったけど消費しきれない食材
・釣りすぎた魚
・巨大すぎて消費しきれない獲物
・酸化や乾燥といった劣化を抑えたい食材

そんなものを保存するのに助かっているのが真空パック。
肉や魚の冷凍ならば、特に酸化による劣化と乾燥が天敵ですが、どちらも大幅に改善できて長期保存が可能になります。
液体のままではパック不可能だとか、業務用ほど完璧なものではありませんが、効果は絶大です。

最高身質のサワラのサクがまさか3ヶ月も保存可能になるとは思いませんでした。
普通は脂が大変酸化しやすいので冷凍しても1週間くらいで表面のニオイが変わってきます。
個人的にはこれだけで買った価値ありでした。
(だいぶ前からここの旧式使ってるんだけど、半額以下で性能上がってていいよなぁ)

一度に食べきるには量が多かったり勿体無かったりする時は小分けして冷凍しておくと良いでしょう。
真空1応用としては、中央上のようにヒラメやカワハギなどの白身魚は下処理して昆布と共に真空パック冷凍しておけば、解凍するだけで昆布締めに。
不意のお客さんにも出せますし、ちょっと一杯やりたいなと思った時にも便利。

真空2また、蒸し物ができる組み合わせで出汁と共に凍らせたものをパックして冷凍保存しておけば・・・

真空3いざという時にはチンするだけで簡単に1品できあがり。

そして、これら冷凍パックにしてしまえばクール宅急便で送って喜ばれることはあれ、嫌がられることはあまりない。
送る側としても、いちいち発泡に氷と一緒に詰める準備が要らず、袋に入れて冷凍クールで送れるのは楽。
魚は送られてきてさばくのが面倒だったり、そもそもさばける人がいなかったりで送り先のことを考えるとなかなか難しい場合も多いのですが、サクや昆布締めにしておくこちらの手間ひとつで最大限に喜んでもらえるようになります。

「仲間で集まって食べる時まで、できる限り良い状態で保存したい」とかいう時にも活躍しますね。

真空4冷凍する以外でも、単純に乾燥ハーブ類なんかは小瓶小袋で買うと極端に割高。
かといって大袋は短期間に使いきれないし・・・なんてのは、小分けして真空パックするだけで風味長持ち。

ただし、パックするのは専用ロールが必要です。

衛生的にも再利用は推奨されていませんが、できなくはないです。
乾物ならやってもいいかなと思う。
結構便利なことがわかったので私は安かった時に10ロールセットを買ってあり、当面なくなる心配はありませんw
おかげで必要に応じて普通のラップ感覚で使っても、効果を考えると充分安く感じられます。
初期投資だけはちょいと高くも感じるかもしれませんが?
ある程度良い食材を入手することが多い人なら、きっと持っててよかったと思えると思いますよ~ん♪真空5ちなみに最初の画像のコレはアブラソコムツの干物。
勝手知った仲なら食品テロもやりたい放題www
1食1個しか食べちゃいけないからな!
絶対にだぞ!www

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 4 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. でもお高いんでしょー

コメントしたければしてもいいのよ?(カエストハイッテナイ)

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


よく読まれている記事らしい

Return Top
ツールバーへスキップ