ざざむし。

湯上りビールにアブラゼミ

昆虫食としては物凄く基本的なものなので早めに。
初めて食べた頃の話は過去のざざむしでも見てくだされば。

セミの幼虫も、植木屋でもない限りは完全に旬の食べ物となる食材。
イナゴ・ハチノコ・ザザムシ・カイコ・サクラケムシと並んで、昆虫としては比較的まとまって採れるから食材として成立する部類だと思っています。
セミは初夏の日暮れから木に登り始めるので、そこを襲います。
せっかくこれから大空に羽ばたけるのに、そこで採ってしまうなんて残酷だという話もあります。

でも時間軸だけで見れば、5年前後生きてきて最後の2~3週間です。
人間なら79年生きてきて余命1年と宣告された時、
「わしゃ空が飛びたい。スカイダイビングしたい!」
と言って家族に反対されてショックで1週間後に他界しましたみたいなもんです。
仕方ないねー。

よく出る場所なら日没から30分~1時間歩けば数がまとまります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あとは揚げるもよし、煮るもよし。
でも、何度かやって思ったのですが、何をするにしても一度塩茹でしてからが良い感じ。
素材の味が主張強い訳ではないので、軽く塩味がつくことでセミの風味が生きてきます。
揚げるにしても、一度茹でておけば体液が爆発して流れたりもしない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
夏だ一番ドザエモン祭り。
塩茹では軽くで大丈夫。このまま食べるもよし。
ここから揚げる・炒る・燻製あたりが無難だと思います。

燻製は結構好き。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

生前と見た目殆ど変わらんけどw
気付いたら全部食べちゃってるね。
燻香の中にプリッとはじける蛋白感。
中からフワッと溢れる木の香り。
ナッツっぽい香りという人もいれば、ソラマメっぽいという人もいますが、どちらもある。

最近思ったことがある。
いつもまとめて調理してしまうから渾然としてわからなくなっているのだけれど、木の種類によってこの風味は違うんじゃないかと。

幼虫期は地中で木や草の液を吸っている訳だけれど、どうも師管から栄養分を得ているらしい。
ということは、その植物の特徴がギッシリ詰まった液体を通過させているんです。
魚類、鳥類、哺乳類では餌が肉質や香りに与える影響はいまや誰もが知ることなので、セミでもありうる話です。
こんなに香りよかったっけ?
なんて思う時が時々あるのはそのためなんじゃないかと思い始めてる。
採集段階で樹種によって分けて調理してみるとハッキリすると思うんだけど、まだやったことがない。
このへんがわかってくると
「ここのセミは特に美味いんだよ!」
なんて話もできるようになるんじゃないかな。

アブラゼミ唐揚げ13匹成虫は、なんというかまぁ。
とりあえず、揚げると真っ黒になって見苦しいのをなんとかしてほしい。
味は、鳴く筋肉が味濃くて美味しく感じるからオスのほうが好きかな。

幼虫に比べて、あえて採ろうとは思わないですが、実は条件さえ揃っていれば成虫もなんの苦もなく大量に捕獲可能です。
昆虫の多くは光を背にして飛ぶ習性があります。
アブラゼミが多く鳴いている日の夜中に、その近くの行燈の多い所へ行ってみよう。
周りが暗い場所であれば、足元だけが明るく反射して見えるはず。
できれば地面は白っぽいほうがいいね。
そこにはひっくり返ったアブラゼミが何十匹といることでしょうwww
はい。
元気なアブラゼミ拾い放題です。

しかし他のセミは見たことないんだよね。
アブラゼミには何かあるんだろうね。

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 初めまして!
    面白すぎて一気読みしてしまいました!!
    そこで過去のざざむしを見てみたいと探しているのですが見つかりません(*_*;
    探し方がわるいのかもしれませんが…
    もしよければ過去のざざむしを張り付けてもらえると嬉しいです(*^^*)

    • サイトポリシーにリンク張ってあったと思うのでそちらからどぞ。
      昔のすぎて外来種関係など現在では通用しないものもあるし、現在では当たり前のものもあるので参考程度にしてくださいね。

コメントしたければしてもいいのよ?

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


よく読まれている記事らしい

Return Top
ツールバーへスキップ