ざざむし。

ガイアナ遠征2016春-2日目 カイエチュールの滝へ

急も急な変更で、皆が飛行機に乗っている間に来た連絡で奥地へ飛ぶ予定が1日ズレた。
おかげで1名変更の猶予もできたんだけど、この1日で何をしようかと。
で、滝を見に行こうということになった。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ホテル出たら入り口の足元に頭だけ隠したマヌケなタウナギが。

ちょっと見に行くと言っても、目的の滝はブラジル国境近くまでジャングルの向こう200km先。
飛行場まで車で1時間、更にセスナで1時間少々の道程。
車移動の途中で何故かおばあちゃんが乗ってくる。
え?
一緒に行くの?
明らかに定員オーバーだけど容赦なく車に乗り込んできて端でナナメってる自分。

セスナも初めて。
楽しみ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
眼下は既に広大なアマゾン。

真っ白な雲海の中に入ると何も見えなくなり、急にガタガタするのが気になるけど気にしちゃいけない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
時折、下に丸い虹も見える。
上から見ると丸く見えるってやつですね。

よく見てると、セスナのあちこちが雑な溶接で直されてるけど気にしてはいけない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
カイエチュールの滝キター!
全くスケール感がわからないけどでかい。
っていうか、窓汚れててぜんぜん綺麗に撮れないよ。

この時点で、下に降りて歩けるのか、このまま戻るのかみんなわかってないというw

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
降りれてよかった。
あのまま引き返すだけだったらブーイングは避けられない。
しかしガイドの口からは、ここから歩いて1時間40分とかいう説明が。
え?往復なの?片道なの?
おばあちゃん死んじゃわないの?

しかも歩き出すと同時に雨が降り出す。
ガイドのおっさん、なんであんただけ簡易ポンチョ着てんの!?

いわゆるギアナ高地。
標高1500mくらいだけど、太古には海底だった場所。
虫や植物どころか石なども持ち帰り不可。
仕方ないので見て楽しみます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
植物達のトゲトゲ率が異常。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
葉っぱから生えてたキノコ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
なにこのキノコ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
タイガーブロメリアっていうんですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ここの固有種らしい。
モウセンゴケはどこで見ても同じモウセンゴケにしか見えないなぁ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
起伏のある道をどんどん進む。
しかしおばあちゃん遅い。
NPCみたいにどっかの段差で引っかかってくれてたら帰りに拾ってあげるのに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
リンスに使える草。
他には有名な水の出る木もあった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
所々に生えているコケがニョロニョロの群れみたいでカワイイ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ハキリアリの行列もいた。
思ったより小さい。
時々コケるやつがいるのがカワイイ。

滝に到着。
やべぇ
凄い

ガイアナ2-14Iさんが撮影したこの写真がいちばん綺麗だった。
やっぱり比較対照がないから写真ではスケール感がまったくわからないけど、落差226m。
川幅も100mくらいあるんじゃないかな。
エンジェルフォールとかもっとでかい滝もあるけど、一段の滝としては落差が最大級なんだとか。
こういうのは実物見ないと全くわからないね。
写真じゃジオラマにしか見えない。

滝に着いたところでカエルを探してみる。
鮮やかなドクガエルがいるはずなので。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ドクガエルと同様に葉の隙間の水溜りで幼虫期を過ごすトンボがいるようで、あちこちに抜け殻がついている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
アシナガサシガメの仲間だと思うけど、ボディーめっちゃほっそ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
カエルたんいたー!

めっちゃ綺麗な黄色に円らな瞳。
黒に黄色模様のもいたけど、一瞬で奥に潜られて撮影できず。

滝にはもっと近づけるらしいので、そちらへ移動。
途中でおばあちゃんが座ってくつろいでた。
マジで何しに来たのん?w

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
無理無理無理

柵もなければ、ちょっと斜めってる上に地衣類も生えてるわ、年間4000mmほぼ毎日雨降るわで滑るし
こんな断崖に立つとか高所恐怖症の私には無理。

実は自殺も多いとかいう話だったけど、自殺なんだか事故なんだかわかんないのも多そう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
帰り際、ズブ濡れのコウモリがいた。
コウモリもとっちゃダメなんかな。ダメなんだろうな。

短くて落ちるんじゃないかっていう滑走路を飛び立ち、無事ホテルへ帰還。

ホテル目前にして、昨日急遽ガイアナ行きを決めたS子さん登場。
なんと最初はガイアナのジョージタウンではなく、ワシントンのジョージタウンだと思ってたらしい。
それでも来ちゃうのかw
しかも、生まれて初めての釣りらしい。
初めての釣りで、突然決めた翌日にアマゾンかよwwwww
なんなのこの人達
ちょうど時間があったからって、普通は簡単に決められなくない?
さすが、私の20年を1日に縮める人達は考え方の次元が違いすぎる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
部屋に放し飼いにしてる昨日のヒキガエルがお出迎え。

明日からいよいよキャンプ地へ向かうので飯食って寝る。
昨日は中断してしまい毒ヘビが見つけられなかったからリベンジのつもりが、仮眠から爆睡に。
セーヤさんは深夜一人で少し散策に出たそうだが、頭にイスを載せた怪しい黒人にずっと付きまとわれただけで毒蛇は発見できなかったらしい。
なにそれガイアナこわい。

前←ガイアナ遠征2016春-出発~GEO到着1日目
次→ガイアナ遠征2016春-3日目 アマゾン奥地へ

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 15 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. アマゾンと南極は一度行ってみたいです。
    しかしせつなさんもおっしゃるとおり、まず時間がないです。
    行きたがる仲間もいない・・
    若いころ行っておけばよかったなあ。

    釣果楽しみにしています。

  2. おーっ!
    ロストワールド行かれたんですね。

  3. 滝も虹も、草も茸も虫も蛙もスゲー!と思いながら見ているのですが
    それらよりもご参加メンバーを凄がっているせつなさんを見ると
    集合写真の方を見たいと思ってしまいますw

  4. 面白いなぁ。
    口に入れる刺激物は好きな方だけど、
    刺激にもみくちゃにされる感じには慣れないなぁ^^;
    慣れたら好きになるんだろーか(^^)
    とっても、楽しそうではあるんだけどね〜(^^)

  5. ホテルの部屋でヒキガエル飼えるんですか……
    まぁ彼のご飯が自然と入って来るような部屋なのかな

    • 1日半くらいでしたしね。
      水分が欲しくなると勝手にシャワールームに行ってたれぱんだみたいになって、満足すると出歩いてましたね。

  6. えっ、なんか更新してないなぁーと思ったら
    ドラクエのような旅に出たんですね。

    体調を崩してなくて何よりです。

    ちょっと、スケールが大きすぎて私には日本の海や川が一番だなって再確認。

    更新楽しみにしてますね。

コメントしたければしてもいいのよ?(カエストハイッテナイ)

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


よく読まれている記事らしい

Return Top
ツールバーへスキップ