ざざむし。

ガイアナ遠征2016春-7日目 ブラックウォーターは人魚の涙

夜明け。
今朝もカショーロは反応しない。
どこ行っちゃったんだろうか。

ベースキャンプ前のシャローで何か気配がするので撃ってみると反応はある。
ミノーなどサイズを落としていくとピーコックだった。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
30~35cmと小型だがいくらでも釣れそうだ。

調子に乗って釣っていると事故った。
ワイヤーを持ったところでピーコックが暴れてミノーのフックが親指の腹に突き刺さってぶら下がった。
90度に刺さった深さは8mmくらいだろうか。
とりあえずピーコを外してリリースし、抜こうとするもピクリともしない。
それどころか痛みと共にミチミチと嫌な振動が伝わってくる。

やっちまったわー

大きいフックはバーブレスにしてきたけど、珍魚用の小型ルアーは全部バーブありで来ちゃったんだよね。
ヘタに引き抜くと組織を破壊して雑菌も入りやすくなり、治りも遅くなるし、最悪の場合悪化する。
こういう場合は・・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こうして思い切ってグリッと回して貫いて、プライヤでバーブを潰して引っこ抜く。
親指の腹の表皮はブ厚いから、かなり力を入れてやらないと貫けないけど、ここで躊躇すると後で酷いことになる。
無事抜けたので5匹ばかし釣って朝飯に行く。

朝飯はどんどんショボくなる。
とっとと食べて、今日の釣りの準備。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
H坂さんが昨夜捕まえてたカイマン。
これでもヒトくらいある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
干されてたピラニアの頭を倒したら、どうやって入ってたんだよってくらい雪崩のように溢れてきたウジ。
激しく動いてるのでザワワワワワワワッって音がする。
マジで瞬間うわあぁぁっ!ってなるレベル。
この通り、2日くらいで1cmを超える丸々太ったウジになる。
成長速度速すぎ。
このレベルになるとそっ閉じも不可能。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
現地の人がどこからか捕まえて持ってきてくれたイモムシ。
でかい!
そしてヒロヘリアオイラガのような毒針のサイズと装備数がやばいw
こいつはまぁ・・・うん。後日食べましたよ。

さて、弁当を詰め込み本日も各ボート毎にそれぞれのポイントへ出発です。
本日はセーヤさんと同船、ガイドは昨日アラパイマに付き合ってくれた人。
しかし自分の興味に逆らえず好き勝手しちゃうレベルが最も高い人でもある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
途中で寄ってくれた亀の島。
一面に無数の亀が這った痕跡がある。
大きさはまばらだが、中には1mくらいありそうなやつの足跡もあった。
夜になると産卵に上陸する水亀らしい。

不思議なことに、砂浜はどこにでもあるが亀が産卵する浜は集中していて限られている。
これだと、孵化する頃に魚や動物が集まるという現象も起きそうな気がする。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
一見どこに産卵したのか全くわからないのだが、おもむろに掘って見せてくれた。
鶏の卵くらいの大きさがある。

このカメも現地では食用にするのだけど、他のガイドに聞いた話では以前捕まえたカメの中に卵が270個も入っていたらしい。
このサイズの卵が270個入ってるって、一体どんな巨大な亀なんだよw

ちなみに、卵はあんまり固まらなくて全然うまくないらしい。
元通りに埋めて釣りへ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
砂浜ではうまく隠れてるエイも、岩場では丸見えである。
悲惨な事故が起こるからか、漁師達はエイに対しては本気で容赦ない。
弓があればぶち殺し、オールしかなければ叩き殺す。
それでもいっぱいいるんだから再生産力おそるべし。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
彼、パクーが好きすぎて目撃する度に釣るか射るかしたくなり、全然ポイントに辿り着けない。
現地の人は陸上の動物だけでなく、こんな風に水中を泳ぐ魚を手製の弓で射抜く。
聞いてはいたが、実際見ると昼間のパクーは猫がネズミを追って蛇行しながら駆けずり回るようなスピードで泳ぎ回っていて、あれをこんな夏休みの工作みたいな弓矢で仕留めるとはにわかに信じられなかった。

結局、散々寄り道した挙句、昼過ぎに着いたポイントでは芳しい反応もなく。
次のポイント行こう!
と、お任せで連れていかれる。

ポイントは、すっかり他のピライーバのポイントだと思っていた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

随分と細い所に入ってくんだな・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
伏せないと進めないような所を進んでいく。
これ・・・違うだろ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
赤い!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
赤い赤い!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ブラックウォーターだ!
木々が水中に堆積することでタンニンが流れ出てブラックウォーターとなるが、このあたりでブラックウォーターのあるエリアはかなり限られているらしい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
凄い感動だ。
他の場所のようにそもそも濁っていたらこんなふうにはならない。
この上流には水の湧く渓流があるようだ。

つまり、これだけの量のブラックウォーターが常に流れとなって本流に流れ注いでいる。
常にこんな量のブラックウォーターが生産され続けているということだ。

手で掬って飲んでみる。
うまい!
タンニンの味と爽やかな香りがする。
薄い紅茶を飲んでいるようだ。
それも単に薄いだけでなく、ちょうど爽やかさを感じる絶妙な味と香り。
ぶっちゃけ、持ってきてるミネラルウォーターより全然うまい!

H坂さんにも持っていってあげようとペットボトルのミネラルウォーターを飲みきり、代わりにブラックウォーターを詰めた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
その先は開けた湖面のようになっていた。
ここは大型タライロンが潜むポイントだったようだ。
弁当を食べながらアタリを待つ。
この唐辛子は味のアクセントにかじるのだが、めっちゃ辛い。でも止まらない。

木々は高く聳え立ち、ここだけぽっかり開いたオアシスのようになっている。
ホエザルの喧騒もなく、響き渡るのは小鳥の囀りと背後に注ぎ込む渓流のせせらぎだけ。
見上げるとコバルトに輝くモルフォ蝶がワルツを踊っている。
ガイアナに来てここだけまるで別空間だ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
痛いほど叩きつけるように急に降り注ぐスコール。
どうせすぐ乾くから気にしない。

ふと、セーヤさんのラインが走る!
しかし木に化ける。
その後私のラインも走ったが、やはり掛けきれなかった。
数m底には相当に倒木が沈んでいるようで、簡単には釣らせてくれそうにない。

そうこうしてるうちにH坂さん達も現れたのでこのポイントを後にする。
来たのなら、さっきのブラックウォーターいらないよね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ナマズポイントに移動し、ブッコミ再開。
この日、水深15~40mのエリアなら大抵どこでもコイツが釣れることを突き止める。
夜の砂浜にいたナマズの成体ではないかと思うが、20~30cmのそれはもうゴンズイのように無限に当たる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
泳いでもらいます。
自然界には切身なんかいないんだから、普段はこういうのを食っているはずなのだ。
気になるのは、ゴンズイの棘を3倍くらい凶悪にしたような頑強な棘が3本ガッチリ立ってるのだが・・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
セーヤさんにブリンカが食ってきた。
このサイズでもあのナマズを食ってくるんだ。
信じ難いが、あの棘程度なら全く気にする必要ないようだ。
水面下は弱肉強食だなぁ。

結局、この日はたいした釣果も得られないままに終了。
だがブラックウォーターのおかげで気分はそんなに悪くない。

そういえば持ってきたブラックウォーターがあったな。
と、帰る途中に飲んでみる。
くそマズッ!
なんで!?
まだ数時間しか経ってないのに?

やっぱり命の宿る水なんだろう。
あれはあそこで必要なだけ飲むから美味しいものなんだ。
桃源郷に湧く酒であり、持ち出すことのできない人魚の涙だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
晩飯。
カレー。
以上。

ここらへんでベースキャンプの冷蔵庫に多めに魚をぶっこんでおかないと魚がメニューに出てこないことがわかってくる。
調理してると思ったら弁当にも入ってなくて現地人の昼飯になってることが多いのだw

晩飯後、カショーロでも狙おうかと浜を見に行くと、Tさんが倒れた竿を回収しようとしていた。
今日の小ナマズ、持ち帰って生きたまま最深部に沈めておいたのだが、セーヤさんの竿のほうに何か掛かっているようだ。
私の竿のほうはエサだけ取られていた。

正体は小さいけどピライーバだった。
やっぱりピライーバもこのナマズ食ってたんだ!
ガイアナ7-39ということで、私が釣ったエサをセーヤさんが投入してTさんが釣り上げたの図w
こいつの親玉が釣りたい!

その後、腹の寂しさを虫探しで癒す。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
突然に湧いた甲虫。
建設中のコテージの街頭周り一面に群がっていた。
帰国してからニュースで見たアルゼンチンのマル・デ・アホ市に降り注いだ数百万のカブトムシってこいつらじゃない?
タイミング的にも見た目にもこれっぽいんだけど。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ちょっと透明感あるツユムシの仲間

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ちょっとコロギスっぽい原始的な雰囲気も残るキリギリスの仲間?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
これもツユムシの仲間だろうか?
目を見張るような緑が美しい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
綺麗な緑の蛾

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
枯葉っぽい蛾

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スーパーもふもふ蛾

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ちょっとスズメガっぽいけどなんだろうか

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
左瞼を刺されたのでこの後真っ二つの刑に処したハチ。
毒は日本のアシナガよりずっと弱かった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
なかなか重厚でカッコいいカミキリムシ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ヒマワリの種みたいなコメツキムシ

後で見ると全体につくづくピントが酷い。
毎日酔っ払ってるしなぁw

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
虫が多い日だったからか、ヒキガエルも寄ってきた

この後、深夜の対岸にガサガサに行こうということになり、一隻のボートに数名乗り込む。
オールがないので網と木の枝で漕いで対岸へw

すぐにセーヤさんが何かを発見。
上で何かの目が光ってる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
近づくとボアだった。
エメラルドツリーボアだかアマゾンツリーボアだか知らないが、木の枝にいかにもな感じで絡んでいる。
普通は下に獲物の体温を感じると飛び降りて襲い掛かるらしい。

しかしみんなハイテンションで逆に襲い掛かる。
木を揺らしまくる私w
おびえて必死に枝に掴まるヘビw

どうやっても落ちないので、長い枝でうまく伝わらせると難なくゲット。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
本気で首絞め込んでくるけど可愛い!
全然可愛げのない顔してるけどw

その後、木から落ちた人がいたりして早々に戻ることになったのだが、私は一人朝まで対岸に残ることに。
明け方の巨大なボイルの正体を突き止めたいからだ。
ルアー用と超大物エサ用タックルは持ってきたので朝まではガサガサで暇を潰し、高めの岩場で寝ればいい。
前方のワニと背後のジャガーにさえ気をつければ平気だ。

前←ガイアナ遠征2016春-5・6日目 アラパイマ戦
次→ガイアナ遠征2016春-8日目 徘徊・修行・狂喜・落胆

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 自分も全身全霊で遊んで集中してふざけ倒したい…

コメントしたければしてもいいのよ?

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


よく読まれている記事らしい

Return Top
ツールバーへスキップ