ざざむし。

ご愛読ありがとうございました

次回、ダメ人間せつなサンの作品にご期待ください

むしろ期待しないでください

大晦日にUPするつもりで書いてたんだけど、異常に胃のあたりが痛くなり床で悶え転がってたら年明けてた。
ということで、一応大晦日分ということにさせてくださいまし。

本当は31日朝が最後の釣りになる予定だったんだけど、ちょっとした手違いで予定変更。
結局なんやかんやで午後になり、数年前までは年末年始は年越しながら釣りしてたんだけど、もはやそれやる気力も起きず。
何かに絞って迷わず突っ走ってる人は凄いなぁと思いますね。

そんな訳で、釣り納めは28日のライトキンメで終了。
201512311キンメダイ 11
クロムツ 4
ギンメダイ 1
オオメハタ 4
ゴマサバ 1
ユメカサゴ 2
フジクジラ 1
後半はアカムツ狙いだったんだけど、外道しか釣れんかった。
今年は豊漁だったのに釣れなくて残念。
外道は外道で、わざとシンカーからも枝鈎出しててもなかなか面白いものは釣れてくれないもので。

適当に年賀代わりに配りながら帰ってきて、あとはダラダラ食べながらの年末でした。
霜皮造りや炙り刺しは確かに美味いけど、もっと濃縮したりしないかとピチットを使ってみた。
201512312普通は干物用に使うんだけど、ピチット自体が高いので良い魚にしか使わない貧乏人であります。
柔らかくて水分の多い魚だから刺身も美味くなるんじゃないの?
201512313左がピチットで、右がそのまま、半日寝かせたやつ。
キッチンペーパー乗せて両者同様に熱湯かけて皮だけ湯通し。
ピチットはさすがに水分抜いてくれてて明らかに切り易い。
201512314奥がノーマル、手前がピチット使用で、僅かに色が濃くなってるのがわかる。

さて、肝心の味だけど・・・
白身の旨味は僅かに上がったと思う。
しかし脂の甘味が完全に普通の生のほうが甘い。
そして、皮から水分が抜けすぎているからか、僅かに皮が硬くなり口溶けのバランスが崩れている。

うーん
勿体無いだけだからピチット刺身はナシかな。

で、大晦日ですが、原因不明の胃痛により重いのは食えそうになく。
201512315生のキンメ乗せてアツアツの出汁をかけて頂きましたとさ。

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 12 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. ピチット高いですよね。
    覚悟さえ出来るのならば大人用おむつでも可能です。
    私は干物や脱水によく使用しています。
    友人はおむつで脱水した豆腐を「陸奥の豆腐」と称して家族に食わせてました。

    • 安全ならば問題ないですね。
      新品便器でカレーが食べられる人なら問題ないでしょう。
      でも食品偽装はいけませんねw

    • 御陸奥だと形状が使いづらいのですし、ビッチとよりは安いですが高いので、ペットシーツを使うといいですよ!!

      イノシシの脚で生ハム作るときに使いましたが、ペットシーツで巻いてロープで絞るとちゃんとできました!!

      • なるほど、ペットシーツは安いですね。
        大量or頻繁に作るにはよさそうです。
        逆にいうと、使いきれなくてもてあましそうでもありますがw

  2. ピチットなら100均セロファンとシリカゲル、もしくは砂糖で代用できますよ
    密着させるのに工夫が必要かもしれませんが……

    ペットのトイレ用吸水シートを使うという手もあるみたいですが、こちらはまだ試してないです。
    下手したらピチットより効果ありそうな気もしますがどうなんだろう。

    • 結局、めんどくささを考えると半額とかで見つけた時に買い貯めしておくのが楽でいいんですよね。
      干物だったら干せばいいので、やっぱり他の用途を考えるのが楽しいと思うのです。
      ペットの吸水シートレベルだとミズウオなんかに劇的に効果ありそう。

  3. あけましておめでとうございます。

    昨年はいろいろとお世話になりました。

    今年もどうぞよろしくお願いします。

    で、原因不明の腹痛、絶っ対アニーちゃんですよ~!!

    キンメの刺身で過去にヒドい目にあって以来、かなり用心して頂くようになりました。

    アイツら、熱いお茶や熱燗呑んでも一時しのぎにしかなりませんでしたし。

    以前シメサバで食らった時と同じく結局病院にも行かず、2日で自然治癒しましたよ。

    で、私めも年末に体調不良で蕎麦食い損ねました。

    原因は一家で罹患した感染性胃腸炎をオーラスで食らったようです。

    漢方薬飲んで速攻リカバリー完了。

    お互いに身体が資本ですので、体調不良の際はご自愛なさって下さいませ。

    そろそろサワラ、そわそわ・・・(笑)。

    • いやいやいや、多分潰瘍ですって。
      私デリケートなんですから。
      昔、真っ黒な血反吐吐いて病院送りになった時の序盤の嫌な感じにそっくりです。
      頭カラッポにして緑の粉でも飲んでりゃ治りますよ多分。

      こちらこそお世話になりまくりでした。
      今年も何か面白いものがあったらご連絡致しますので~

  4. 女子大生(JD)の頃に中深海魚類相をやってたのですが、
    あるときサンプルに大量のギンメダイが混じっていたので干物にして食べたら並クラスのアカムツレベルの脂が乗っていてとても美味しかったおぼえがあります。
    それ以来ギンメダイとはご無沙汰しておりますが、せつなさんの食味評価が気になります。
    よろしければ教えてください。
    ちなみにザラガレイを寒風に晒してカリカリに乾燥させて唐揚げにすると万人受けするザラガレイチップスになるのを知ったのが私の大学時代の最大の財産です。顔がイカす。

    • 羨ましい。
      まず、ギンメダイはちょくちょく釣れるのも見るけどキンメのように群れていないようで、単発でしか遭遇したことがありません。
      時期か、サイズか、海域の問題か何が原因かわかりませんが、そんなに脂が乗ったギンメは未食です。
      甘味はあるし、皮も薄いので同様に食べられるけど、煮ても刺身でもキンメよりかなり評価が下がります。
      ギンメのほうが口溶けは良いので椀種とかにはより良いと思います。
      大量のギンメが集まる時というのが重要な気がしてきました。
      特上のギンメに出会ってみたいものです。
      中深海のサンプルが副産物で得られるなんて羨ましすぎます。

      • ご返信ありがとうございます。
        サンプルは大型底曳網のゴミをまとめて貰っていましたので、鮮度がイマイチだったり謎深海汁漬けでブヨブヨになっていたりで食べられるものは少なかったですが、それでもナミアイトラギスを食べた人とかあまり居ないのではと思います。

        ギンメダイは10月のもので、サイズは全長25cmそこそこ、熊野灘産です。水深は150m以深。
        ネット情報なのでもギンメダイが旨いというのを見たことが無いので気になっていたのですが、私が食べたのは相当当たりのものだったようで間違えないですね。

        • そんなの実物見てる人のほうが少ないでしょうw

          私が見てるギンメは200m前後だから、一般の深海魚から考えると深さは問題じゃなさそうですね。

          学生時代はたまに市場で拾ってたけど、今ならマシな調理で試せるのにって思うこともあり、自由度の高い港の近くに引っ越したいですよ。

コメントしたければしてもいいのよ?(カエストハイッテナイ)

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


よく読まれている記事らしい

Return Top
ツールバーへスキップ